住みやすさが魅力!浦安エリアの不動産事情・情報について!

浦安エリアの不動産の相場について知ろう!

住みやすさに定評がある浦安エリアですが、では実際に浦安エリアに住むとなった場合、どのような不動産が揃っているのでしょうか。
ここでは、一戸建て・マンションこれらの2つの不動産について
色々ご紹介したいと思います。

【一戸建て】

[浦安エリアの一戸建ての平均相場価格について]
浦安エリアの一戸建ての平均相場価格を見てみると、大体30坪二階建ての一戸建てで約4000万円~7000万円が一般的となっています。
東京都心と比較すると、お手頃価格で一戸建てを購入する事が出来ます。
お手頃な価格で都心へのアクセスも良く周辺地域が閑静である浦安エリアは、まさに住む場所としても価格的にもメリットがあります。
<東京都心人気の区の場合>
東京都23区全体で土地の価格が現在は上昇傾向にあります。都心の人気区は、一戸建ての相場価格がザラに1億円を超えてきます。
以下の区では1億円以上となっています。
・港区 ・千代田区 ・中央区 ・目黒区 
・渋谷区 ・文京区 ・品川区 ・新宿区 
このように、人気エリアに住まいを構えたいと思っても、一般的な所得水準では人気区で一戸建てを購入する事は中々難しかったりします。
 

【中古一戸建て】

[浦安エリアの中古一戸建ての平均相場価格について]
浦安エリアの中古一戸建ての平均相場価格を見てみると、家の広さによって変動はありますが全体平均は約6500万円程となっています。
以下の価格を見てみると、新築一戸建てと広くて大きな家を中古物件で購入する事が出来ます。
<広さ別の平均相場価格>
・  3DK以下     :約4000万円弱
・3LDK~4LDK:約6000万円弱
・ 4LDK~5DK :約7500万円程

【マンション】

[浦安エリアのマンションの平均相場価格について]
浦安エリアの一戸建ての平均相場価格を見てみると、大体3LDKで約3000万円~4000万円、4LDKで約5000万円~7000万円弱となっています。
安く売り出しがされていれば、3LDKで3000万円を切る価格でマンションを購入する事も可能です。
<東京都心人気の区の場合>
新築マンションで4人家族が生活できる広さの約80㎡の広さを持つマンションを基準として考えた場合、とても価格が高いのは渋谷区や目黒区等の繁華街、また、千代田区や港区等の東京都の中枢機能エリアです。
これらの区域は 1億円を超えるマンションが多いです。最も価格が安い区は、都市部から離れた葛飾区、足立区、荒川区、江戸川区等です。
このように、不動産価格が上がっているエリアの価格帯は、一般的な平均収入の家庭では購入する事は難しいです。
23区のマンションの相場価格を平均すると約6000万円~8000万円程になります。
 

【中古マンション】

[浦安エリアの中古マンションの平均相場価格について]
浦安エリアの中古マンションの平均相場価格を見てみると、マンションの広さによって変動はありますが全体平均は約4600万円程となっています。
<広さ別の平均相場価格>
・1DK~2DK  :約3100万円
・2LDK~3DK:約4200万円
・3LDK~4DK:約4500万円
・4LDK以上  :約6000万円弱

浦安エリアで一戸建てやマンションを購入した場合
浦安エリアであれば、都心の2分の1の価格で快適な暮らしを送る事が出来ます。
また、同じ予算であっても浦安エリアで一戸建やマンションを購入した方が広くて大きな家を持つ事も可能です。
また、都心と違って周辺環境も静かで落ち着いているので、穏やかに生活を送っていく事が出来ます。